calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

categories

archives

おすすめ!

Twitter

少しお得に!

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

こずかい稼ぎはここ!

アンケートモニター登録

サブタイトル変更 さようなら信濃の国

どーも!

まさまさです!

さて、すっかり忘れていましたがサブタイトルの変更を先ほど(2020/7/25 19:25付)で変更しました!

と言いましても、わずかな変更ですが……。(信州→軍港の街)

住民票自体はすでに転出届を出しましたので、これで転入届をすれば、サブタイトルと相違がなくなります。

さ、残りの片づけ頑張ります!

 

そして、今日が信州から最後の更新になります。

明日付でネットが移転するためです。

次は回線工事の都合で8/2以降になると思います。

 

さよなら信濃の国

 

長野県県歌「信濃の国」

『1.信濃の国は十州に 境連ぬる国にして 聲ゆる山はいや高く 流るる川はいや遠し
  松本伊那佐久善光寺 四つの平は肥沃の地 海こそなけれ物さわに 万ず足らわぬ事ぞなき
2.四方に聳ゆる山々は 御嶽乗鞍駒ヶ岳 浅聞は殊に活火山 いずれも国の鎮めなり
  流れ淀まずゆく水は 北に犀川千曲川 南に木曽川天竜川 これまた国の固めなり
3.木曽の谷には真木茂り 諏訪の湖には魚多し 民のかせぎも豊かにて 五穀の実らぬ里やある
  しかのみならず桑とりて 蚕飼いの業の打ちひらけ 細きよすがも軽からぬ 国の命を繋ぐなり
4.尋ねまほしき園原や 旅のやどりの寝覚の床 木曽の桟かけし世も 心してゆけ久米路橋
  くる人多き筑摩の湯 月の名にたつ嬢捨山 しるき名所と風雅士が 詩歌に詠てぞ伝えたる
5.旭将軍義仲も 仁科の五郎信盛も 春台太宰先生も 象山佐久間先生も 皆此国の人にして
  文武の誉たぐいなく 山と聳えて世に仰ぎ 川と流れて名は尽ず
6.吾妻はやとし日本武 嘆き給いし碓氷山 穿つ隆道二十六 夢にもこゆる汽車の道
  みち一筋に学びなば 昔の人にや劣るべき 古来山河の秀でたる 国は偉人のある習い​』

県歌「信濃の国」、4番だけ曲調変わるんですね。長野来てから知りました。

かねきのオムライス、量があっておいしかったなぁ。

北信五岳、「飯縄、戸隠、黒姫、妙高、斑尾」

会社の同期に教えてもらいました。

ちなみに群馬は似たような、『上毛三山』(赤城、榛名、妙義)があります。

思い出は数多く……。

 

また縁があれば住むことになるかも(今度の会社は飯綱町にゴルフ場をグループで持っている)ですが、大学卒業後、4年間過ごした長野県を去ります。

色々と思い出はありますがその記録は、ブログで記載してある事もありますので、改めては振り返りません。

今度来るときは、残りの手続きとスキー・観光ですね!

長野県、4年間、お世話になりました!

ではでは!このあたりで!


<< | 2/72PAGES | >>