calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

categories

archives

おすすめ!

Twitter

少しお得に!

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

こずかい稼ぎはここ!

アンケートモニター登録

【惜別】さよなら非冷房車

令和元年(2019年)12月15日

 

昭和・平成・令和と3つの時代を駆けぬけてきた非冷房車。

帝都から信濃路へ転籍した後も多くのお客さんを乗せて駆けぬけてきました。

夏は窓を開け放ち、冬は暖房をガンガンに効かせ、時にはスキーのお客さんや長野冬季五輪の人員輸送にも携わっていたのかもしれません。(もしかしたら、昭和38年製造なので営団時代の1964年の東京五輪も……)

路線の廃止を2度、経験した後も山方面で走り続けてきました。

そんな非冷房車。

この日、とうとう最後の運用に就きました。

さよなら 長野電鉄3500系O2編成

最後の旅路

 

 

……の前に12月13日に惜別乗車をしてきました。

と言いますのも、会社の先輩にお誘いを受けて、乗車する機会がありました。

まず、このO2編成ですが

 

木島線・屋代線

 

この2路線の置き土産です。

以下の写真をご覧ください。

写真の中に一昔前のバスにあるような運賃表示器と灰色のカバーに覆われたものがあります。

これは、木島線でワンマン運転を行っていた時に使っていた機械で、灰色のものが整理券発行機と運賃箱だそうです。

そのほかにも名残がありまして……

とこのように、屋代線の行き先幕が残っていました。

車内は

こんな感じです。

昔の通勤車両!という感じですね。

帝都で走っていたころの名残もありまして

ファンデリアに営団の団章があります。

もともと、地下鉄の車両なので地下区間で撮影したところ、営団時代を彷彿とさせるような写真に。

いろいろと楽しめた団体貸し切りでした。

 

翌14日から当直を行い、15日朝。

仕事で最後の旅路を整えてきました。本線を走れる状態で会うのは最後になりますので、今生の別れを告げてきました。

次に仕事で会うときにはもう本線を走れません。

帰宅してすぐに、撮影機材を担いで千曲川へ。

村山橋を渡るO2編成。

千曲川を通過するのもこの日が最後です。

昼食で仕切り直して、午後は山へ。

高社山の麓を湯田中温泉目指して、登っていくO2編成。

この行路が最後の山登り、山降りになるようです。

リンゴの木々の合間を抜けて麓の信州中野駅に向けて降りていくO2編成。

冬空に銀のステンレス車体が輝く。

この運用を終えるともう山には二度と戻りません。

山から戻り、千曲川の支流、松川を渡る。残る運用は長野⇔信州中野のみとなり、あと僅かな時間を過ごしていました。

 

その後、無事に勤めを果たし、12月15日23時18分須坂駅到着で全運用を終了したようです。

56年間、お疲れ様でした。

 


あれから1年・・・関電トンネル電気バス

JUGEMテーマ:旅行

 

 

どーも!まさまさです!

 

あの日から1年が過ぎました。

今はどのようになっているのでしょうか?

というわけで、ちょうど1年後の関電トンネルに行ってきました!

▲1年前2018年11月30日(立山黒部アルペンルート最終日、関電トンネルトロリーバス最終運行日)

DSC_0157.JPG

▲2019年11月30日(立山黒部アルペンルート最終日)

電気バスに変わり、架線が撤去されていました。それと急速充電の設備が作られていました。

▲1年前2018年11月30日

DSC_0154.JPG

▲2019年11月30日

記念撮影ポイントも電気バス仕様に。

こんな感じで電気バスに置き換わりました。

が、

 

こんな名残も。

 

 

DSC_0160-1.JPG

あれ?

DSC_0162-1.JPG

バス路線なのに出発信号機ある!

扇沢・信号所・黒部ダムそれぞれに場内・出発信号機がありました。

ついでに言うと、扇沢と黒部ダム出発時にそれぞれ出発指示合図が出てました。

まさに鉄道時代の名残ですね。

それと途中の信号所。

DSC_0180-1.JPG

通票の引き渡しやってる!

タブレット閉塞がまだ生きています!

バス路線に変わったので、こうした『閉塞』の概念が無くなると思っていましたが残っていました。

今まで、トンネル内での事故が無かったのでこのままの仕組みで走らせているのでしょうか。

▲2018年11月30日

DSC_0181-1.JPG

▲2019年11月30日

黒部ダム側も架線が撤去されていること以外はさほど変わっていませんでした。

ということで、2019年立山黒部アルペンルート最終日の様子でした。

 

飛龍「あ、提督、『あれ』買えたんですか?」

「おう、飛龍、ビッグな雷鳥ぬいぐるみ買えたぞ!ラスト1個だった!」

飛龍「わぁお!デカい!」

「駐車場まで抱えるのが大変だった」

飛龍「でしょうね。」

飛龍「それは良いんですけど」

 

飛龍「イベント海域は?」

 

「……コ、コレカラヤルサ」

飛龍「……初日にいないと思えば、こんなとこほっつき歩いてたんですね?(# ゚Д゚)」

飛龍「今、どこまで進みましたか?」

「……E1-1ゲージ破壊終了」

飛龍「ほかのみなさん、速い人だとE4まで進んでいますよ!」

飛龍「やっぱり、黒四から吊り下げの刑ですかね」ニッコリ

「ニゲロー」

飛龍「あ、待ちなさい!!!」

さー、イベント海域やらなきゃ!

ではでは!


確定申告など・・・

どーも!まさまさです。

以前ブログで書かせていただいた、家の件ですが、災害や放火、固定資産税がいつまでかかるかわからない等のリスクを台風19号が示してくれたので、業者買取に切り替えることにしました。

それに伴い記事を削除させていただきました。

さて、タイトルの確定申告。

売却の手続きが今年中に終了しそうですので、来年の2月から始まる申告期間の間に申告が必要になりそうです。

あぁ……、めんどくせぇ……。

ぶっちゃけ、家を購入した時の書類が全部、そのまま残っていたという奇跡のおかげで、購入時より下落していたあの家は譲渡所得の課税がかからないので申告不要なのです。

 

 

損失の場合でもやっておくことで後々の手間が減らせるようです。

 

と言いますのも、調べた限り、売却の登記を行った後に税務署に通知が法務局から行くらしく、申告をしていないと質問状が来るようです。

まぁ、そこで購入時の書類をすべて見せればいいのですが確定申告をしておくことでひと手間が省けるようです。

それと条件に合えばですが損益扱いで減税を受けられるようです。

結構、条件のハードルが高かったと思ったので、今回は該当しない可能性がありますが……。

そんなこんなで、確定申告の準備をぼちぼち始めていこうと思います。

 

さて、最後にこの間の休みで久々に撮影した写真を1枚……。

実りの秋ですなぁ……。

冬はすぐそこまで来ていますが。

ちなみに写真を別の場所で撮影してた時に

「いやー、この間の台風でこのあたり一面湖だったよ」

と散歩中のおっちゃんに教えられました。

そのあたりが

こちら。

そういえば、写真の付近を通勤経路にしている先輩が出勤に大回りしてきたって言ってました……。

それに買い物行くときにこのあたりを3日後ぐらいに通った時に一部、まだ浸水で通行止めになってましたね……。

今ではほぼ復旧しているので通行はできますが……。

ではでは!この辺で!


1215

お久しぶりです!

まさまさです。

また、仕事が忙しくなっています。

 

タイトルの数字ですが、とある非冷房車が最後に生きた姿を見せる日が決まったそうです。

……、この日の勤務、明け番なんですね……。

……もしかすると最後の『旅支度』を私の手で整えることになるかもしれないのです。

今の部署に配属され約2年半。

当直中の朝早くに起きては、その日の列車の『旅支度』を多くやってきましたが、少し今までとは異なる重みがあります。

最後の据え付けできたらいいな……と一報を聞いて思った次第です。

 

さて、秋刀魚・鰯イベントは何とか全任務を終了しました!

来たるイベントに備えてしっかり育成を進めていきたいと思います。

 

ではでは!


台風19号

まさまさです。

 

台風19号により対岸の長野市の千曲川堤防が決壊しました。

被害は報道の通り、甚大です。

DSC_0057c.JPG

▲2019/10/13 13:00 村山橋須坂側より 橋の右奥が今回浸水した、長野市側

私の住んでいる須坂市でも一部地域で千曲川堤防から越水により浸水した地域がありました。

幸い、私の住んでいる地区の手前で、水が止まったため住んでいる場所には被害はありません。

12日夜に勤務先から「13日朝6:00に手伝いを」との緊急呼び出しを受けて、寝ようと思っていましたが、エリアメールが千曲川の切迫した状況を伝えており、寝付けずに出勤した次第です。

そして、勤務先でTVがついていましたが、堤防が決壊し、濁流が押し寄せている映像が映されていました。

本日、2019/10/15、勤務明けで、市内の様子と買い物で使用している道路の確認をしてきた次第です。

まず、

・国道18号アップルライン上越方面 通行止め(浸水のため)

・小布施PAスマートIC付近小布施町方面 通行止め(浸水のため)

DSC_0099c.JPG

 

と、いつも食料品を買いに行く業務用スーパーへの道が利用できない状態でした。

中野市の方は無事のようですのでしばらくはそちらと朝陽のBIG、近所のイオンを利用します。

いつも行く赤沼の業務用スーパーは完全に水没している様子が映っていました。

それと、リンゴ。

今年は長野(北信)産は品薄になるかもしれません。

DSC_0003c.JPG

このようにリンゴ畑が浸水しています。

須坂市内でも木の下側が泥にやられていたり、道端に泥まみれのリンゴが転がっていました。

ちなみに2019/10/15の千曲川はこのような感じです。

DSC_0077.JPG

▲2019/10/15 千曲川村山橋を通過する列車 右側に見える対岸は浸水した地域

生活面では2019/10/15時点で、下水処理施設が、浸水のため故障しており、

長野県HPより

長野市
(古里(ふるさと)、柳原(やなぎはら)、長沼(ながぬま)、若槻(わかつき)、浅川(あさかわ)、朝陽(あさひ)、古牧(こまき)、吉田(よしだ)、大豆島(まめじま)、豊野(とよの)、若穂(わかほ)、松代(まつしろ))
○須坂市、小布施町、高山村

で、下水排水量削減を呼びかけられています。

 

各地から心強い救援も到着してます。

DSC_0073c.JPG

▲長野市穂保地区から来たであろう陸上自衛隊の車両 

泥が対岸の長野側の悲惨さを物語っている 村山橋上にて 2019/10/15撮影

DSC_0090c.JPG

▲『災害派遣』 心強い横断幕を掲げて救援を急ぐ、陸上自衛隊 

2019/10/15撮影

 

DSC_0087.JPG

▲通行止めの先へ救援へ向かう(この先には小布施PAスマートICがある) 2019/10/15撮影

DSC_0053.JPG

▲茨城県百里基地から被災状況確認のために来ていると思われる航空自衛隊機 2019/10/15撮影

▲千曲川上空に展開する航空自衛隊 

長野市側で救助活動をすべて終えた後と思われる 2019/10/15撮影

 

現状は以上のとおりです。

アップルラインの復旧にはもう少し、時間がかかりそうです。

アップルライン沿いのアピナ村山店には、『艦これアーケード』が稼働しており、たまに遊んでいたのですが……。

浸水被害にあっていなければいいのですが……。心配です。


<< | 2/25PAGES | >>