calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

categories

archives

おすすめ!

Twitter

少しお得に!

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

こずかい稼ぎはここ!

アンケートモニター登録

迎えし日

 

どーも!まさまさです。

家探しをそこそこにしている日々ですが、今回は、緊急事態宣言が発令され、また、転職先のweb面接のwの字もなかったころのお話です。

 

去る4月23日

 

7周年のお祝いに沸いていたころ

 

ある艦娘とケッコンカッコカリを行いました!

 

その娘は前日の4月22日が進水日でした。

当日は当直だったので翌日にずれたのです。

 

その艦娘は

 

空母赤城

 

 

赤城「一航戦!赤城!ここに参りました!」

「おお、ありがと」

「とりあえず、飲むか?」

赤城「今日はお茶でお願いします。……あのお話って……」

「……正規空母としては、赤城が初めてだったか。うちの鎮守府の着任順だと」

赤城「えぇ……」

「時が経つのは早いもんだな」

赤城「いろいろ、ありましたねぇ……」

赤城「飛龍さんに蒼龍さんもすでに着任済みだった頃の提督、就職活動にかなり苦戦していましたね(笑)」

「あぁ、そんなこともあったなぁ。中々、内定出なくてなぁ……。」

赤城「やっとの思いで就職した鉄道会社でしたね」

「まぁ不本意な技術系だったけどな……」

赤城「で、提督!本題は何ですか?」

「あぁー、本題じゃないのバレてたか」

赤城「そんなの提督を約6年も見ていればわかります!」

「……赤城さんや」

赤城「はい」

 

「だいぶ待たせて申し訳なかった。この指輪受け取ってくれるか?」

 

赤城「……提督!いいんですか!?」

「進水日に渡してあげられなかったのが、ちょっと惜しいとこだけどな」

赤城「提督、ありがとう……!」

「まぁ、そのなんだ……これからもよろしくな!」

赤城「はい!」

 

……ということがありました。

飛龍「やっと書きましたね!」

「まぁ、そのあとにまさか、乗務員への道が開けるとは思いもしなかったけどな」

飛龍「何でしょうね……?ここ最近の提督、運のどん底を抜けたんですかね?」

「さぁな。何があるかわからないってところで、人生なんぞこんなもんでしょ」

蒼龍「提督の人生、十分、ハードモードな気がするけど……」

「まぁ、傍から見たらそうなのかもしれんが……」

蒼龍「そういえば、提督、新しいところってどこなんです?」

飛龍「そういえば聞いてませんでしたね。『乗務員』からして鉄道会社なのはわかりますけど」

「じゃー、ヒントだけ」

 

飛龍「ゴクリ」

 

 

「都心から空港へ一直線!ついでに軍港もあるよ!」

 

蒼龍「それって……」

飛龍「ほぼ答え」

磯波「まさかの地方私鉄から大手への転職でビックリ!」

「自分が一番びっくりしている(笑)」

金剛「ンンン?軍港ってよフガッ」

「シッー!それ以上はダメ!」

赤城「あらら、ご飯がはかどりそうな新天地ですね!」

「まだ住む場所決まってないぞ!」

赤城「そこに移住することを強く希望します!」

「はいはい。まぁ、契約予定のアパートがあるんだけどな」

飛龍「と・こ・ろ・で、イベント攻略は?」

「……」

飛龍「あれあれー?まさか、『まだ』なんて回答は」

「すいません。まだです」

飛龍「早くやれ♡」ニッコリ

「目が笑ってない……」

さーて、そろそろイベントに手を付けないとですね……。

ということで、今回はこのあたりで!

ではでは!


| 1/25PAGES | >>