calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

categories

archives

おすすめ!

Twitter

少しお得に!

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

こずかい稼ぎはここ!

アンケートモニター登録

上高地 信濃の国で過ごした最後の日

DSC_0698-1.JPG

 

お久しぶりです!

まさまさです!

 

さて、新しい仕事を覚えるのがひと段落してきたところで、信濃の国で過ごした、最後の日に出かけた場所を記しておきます。

2020.7.30

翌日には、退職の手続きと最後の荷物輸送があるので、この日が最後に長野で過ごす日になりました。

 

最後の日、どこに行きたいかを考え、行きたいところで行けていなかった上高地に行った次第です。

DSC_0646-1.JPG

▲上高地への入口

駐車場からさわんどバス停へ向かい、バス停からシャトルバスに乗り換えて向かいました(マイカー規制のため自家用車乗り入れ禁止)。

DSC_0648-1.JPG

 

道中の大正池は池の中から噴火によって朽ちた木々があり、ここが焼岳の噴火により創られた場所であることを教えてくれます。

途中には格式高き帝国ホテルがあり、ここが避暑地であることを実感させられます。

 

DSC_0650-1.JPG

さて、上高地バスターミナルから少し歩き、やってきましたのは河童橋。

「うーん、このあたりかな」

飛龍「提督、何やってるんです?」

「いやー、某ギャルゲーと同じ絵の場所を探しているんだけどさ……」

地図を見ると奥にも橋があることに気づいたので奥まで……

ついでに穂高神社の奥社に参拝することに。

DSC_0669-1.JPG

緑豊かな自然

 

DSC_0692-1.JPG

道中にはこんなにきれいな湧き水でできた、池が。

飛龍「いやー、透明ですねー」

「本当に透き通っている」

飛龍「さすが、大きな山々を抱えて水が豊かな長野県」

 

DSC_0689-1.JPG

さて、連日の長雨の影響か少し流れが激しいように感じました。

この少し後に無事、梅雨明けが発表されましたね。

DSC_0685-1.JPG

奥社に向かう道中の橋。

「うーん、ここじゃないから河童橋で正解なのか……」

飛龍「少し、景色が違いましたね」

 

そんなこんなで、明神池

DSC_0676-1.JPG

DSC_0670-1.JPG

明神岳の山頂は、残念ながら雲に……

まぁ、行く直前まで天気の心配してましたから……

ここまで天気が持っているのがある意味、奇跡ですね(笑)

飛龍「この人は本当にいろいろなところで詰めが甘い」

「さーせん」

飛龍「まー、御神籤引きますか」

「そうだなー」

ガサゴソガサゴソ……

「!」

飛龍「!!!大 吉だと……!!!」

「なにが書いてあるんだ」

飛龍「内容大事ですね。」

「なになに……」

『新たな舞台へ大きく飛躍

人生に大逆転あり。

これまでの努力が実り

いっきに運気があがるとき。

新しいことへの挑戦も

今ならうまくいく。

全てに自信をもって臨め。』

 

飛龍「何とまぁ!今の提督を後押しする言葉」

「まぁ、なるようになる。今まで、それで何とかなってきた」

飛龍「さすが修羅場を見てきた方は違う!」

「おかげでいい人生経験になったと思うことにしたよ」

 

DSC_0694.JPG

「河童橋の風景はきれいでいいねぇ」

飛龍「山の地域から今度は海の地域ですね」

「だなぁー」

さて、帰りのバスが迫っているので、急いで上高地バス停へ

DSC_0696-1.JPG

「きーしべーにたちてうたーい♪」

飛龍「かーわもーにかすみたつ♪」

飛龍「ってカチューシャの日本語版ですか」

「ま、たまたまとはいえ、きれいだな」

飛龍「幻想的な光景ですよね」

 

で、トコトコと歩いていると

「あ!ここだここ!!!」

DSC_0698-1.JPG

「このカーブした感じ、この木の感じと川の位置!」

飛龍「見つけましたか!」

「ここだ!お嬢様特急の上高地の場所!」

並べてみるとよくわかりますが、本当に細かいとこまで描けてますよね……。

 

そんなこんなで無事に長野県内の巡礼がこれにて終了!

「住んでいるうちに全部回れた!」

飛龍「onめでとうございます!」

「んー、それにしても、みらいちゃんと那珂ちゃんの組み合わせを見てみたい気も」

飛龍「あー、どちらも『アイドル』ですねぇ……」

みらいちゃんと那珂ちゃん。

路線の方向は違えどアイドル。

その二人が交わるとき……、新たな舞台が幕を開ける!!

……的な?

1本書けそうですね……。

飛龍「言いだしっぺ!」

「暇ができたらね」

飛龍「仕事はどうです?」

「だいぶラッチ(※改札)の感覚は戻ってきた気がする。けど、4年の歳月で取扱いが変わっていることが多々あるし、何よりも社局が違うから慣れるのが大変」

飛龍「まぁ、4年ぶりですからね……」

「社局で、用語と取扱いが若干異なるから、覚えるのが大変なんだよな……」

飛龍「順調そうでとりあえずは何よりです」

 

飛龍「で、運用とイベントは?」

 

「あ、リアルイベント無理っす。有給2日だけしかないんで」

飛龍「しょうがないですね。新入社員のさだめ……」

飛龍「ですが、艦隊運営はできるでしょう」

「さーせん」

飛龍「そこに正座!」

「すいませんでした」

 

……はい、そんなこんなで、とりあえずは非番・公休でリアルイベントは行くしかないですね。

まぁ、遅くても1年後ですかね。

そうすれば、そこそこにもらえるはずですね。

1出番取れば、5連休とかできますし、そこがこの交代制のいいところですかね。

さ、そろそろ更新ペースを上げていきますかね!

今住んでいる街も、いろいろありそうですしね!

ではでは!

飛龍「艦隊運営も忘れずに!」

「はーい」


コメント
コメントする