calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

categories

archives

おすすめ!

Twitter

少しお得に!

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

こずかい稼ぎはここ!

アンケートモニター登録

再びの地、営団線、万世橋、そして・・・・・・!

JUGEMテーマ:艦隊これくしょん -艦これ-

 

どーも、まさまさです!

さて、前回の川越の続きです。

 

2月14日

川越駅

KIMG0767.jpg

「さ、というわけで、駅です」

飛龍「なんか、疲れてません?」

「いやーちょっと、普段マスクしないから……疲れるんだよー」

飛龍「そこに人混みもですね……」

「そそ」

「とりあえず、副都心線直通の東武で行くぞい」

 

東武東上線

「なんでここまで来て、また、東急線の車両なんだよ」

飛龍「運がない」

「東武の車両に乗りたかった」

東京メトロ副都心線直通 元町・中華街行き

「このまま乗れば、横浜かー」

飛龍「便利になりましたよね」

「大学に居た時よりも路線網が複雑化してきてる」

東京メトロ池袋

「ささ、営団丸ノ内線に」

飛龍「だから、言い方、古い!」

東京メトロ営団丸ノ内線

「あれだ、飛龍はこの路線の開業を知っているんだよな?」

飛龍「いや、建設開始直前あたりですね。その前にミッドウェーが起きてます」

「そうか……」

飛龍「方南町行なんてありましたっけ?」

「最近、方南町の駅改良工事があって、直通するようになったらしい」

「その結果、ホームが伸びて、6両が入れるようになったから直通を開始」

飛龍「ほうほう、なんかメリットはあったんですか?」

「まず、利便性が向上。中野坂上での乗り換えが不要になったから、中野坂上の混雑緩和にも繋がったらしい」

飛龍「ほうほう」

「あとは編成長が統一されることで、運用上もメリットがあってだな……ってもう銀座か」

飛龍「乗り換えですね」

営団銀座

飛龍「乗り換えの時はやっぱり、歩くんですね……」

「どこもしょうがない……」

営団銀座線

「1000系と書かないと戦前車」

飛龍「???」

「1000形は戦前の銀座線」

飛龍「ややこしい違いですね……」

「で、大幅に変わっていることがあります!それは何でしょう」

飛龍「そういえば1月に乗った時も思ったんですけど、灯りが消えないですよね?」

「正解!」

飛龍「そこなんですね」

「昔は第3軌条が分岐器とかで途切れると予備灯に切り替わって、少しの間、薄暗かったらしい」

「だから戦前〜01系登場までの間を設定にしている映画とかで銀座線が出てくるとだと少し暗くなる」

飛龍「分岐器?予備灯?」

「分岐器はポイントレールのこと。予備灯は非常灯ともいうが、電源が第3軌条から取れなくなった時にバッテリーから供給される室内の灯り」

「ちなみにだが、薄暗くなるのを再現できる編成がいるらしい。イベントモードだかでできるとか」

飛龍「へー」

「で、銀座線、戦前からあるので爆撃跡もあるらしいのだが……」

飛龍「んーどこでしょう……」

「今は、工事中だからむき出しになっているはずなんだけど……」

「わかんねぇ」

 

営団神田

『かんだーかんだー』

「はい到着」

飛龍「前回見れなかった、あれを見ましょうか」

「その前に」

KIMG0769.jpg

「貴重な展示を見ようか」

飛龍「ほうほう、こうにやって川の下に作ったんですか」

「らしいね」

万世橋駅跡

KIMG0774.jpg

「ここが戦前にあった中央本線万世橋駅跡」

飛龍「ここですか。ホームがあった分、少し広くなってますね」

「今は跡地にJRが旗振り役のショッピングセンターだったかがあるはず」

飛龍「用地の有効活用ですね」

「で、だ」

「その目の前にだな……見つけたのだよ!」

飛龍「『あれ』ですね!」

KIMG0776.jpg

 

「秋葉原泊地!!!」

 

飛龍「本物はデカい」

「思ったよりもでかでかとあってびっくりした」

飛龍「……ところで今、何時です?」

「あ、戻る!」

飛龍(やっぱこの人、誰かいないとだらけるぞ……)

ということでカレー機関!

今回はテーブル席!

そして、白露さん!!!!と、1MYBキーボードのぱやんさん!!!

 

「いやー、疲れがねー飛ぶよねーかわいいよねー」

飛龍「私が居ればって言ったよな、つい3時間前の川越、鯛おみくじの前で!」

「三越飛龍米が移動している。てか、また見える位置!」

飛龍「そういうことですよ!提督!」

ちなみに白露さんいわく

 

白露「今日が1番、倍率が高かったらしいよー」

 

「ふぁっ!?」

なんてこったーい

新車の教育とか考えてここか28日しか取れないからって応募して、この日が取れたのは奇跡。

独り身でも寂しくないバレンタイン。

料理。

美味しいのはわかっているので、調味料などを探ってみましょうか。

前菜のドレッシングはバルサミコ酢の酸味にほのかなチョコレートの甘み。(前回はごまドレッシング)

「肉じゃがは……」

なるほど。

この感じはみりんを使わないレシピで作ってるかな?

※みりんを入れる入れないの好みは個人次第です。ちなみに私はその時の気分で作るので入ったり入らなかったり……。

余談ですが、宮内庁の大御膳課(要は皇族の専属料理人)に勤めておられた、谷部金次郎さんのレシピ本はみりん無しのレシピですね。

そして、カレー!!!!

野菜カレー、辛口、大盛で!

意外と量あるな!

それとトッピングのチーズ!

白露さんから愛をこめて……!

あるYoutuberさんが「料理は温度、料理は科学」とおっしゃっていましたが(この考えはこの考えで合っていると私は思います)それに加えたい一言が!

 

『料理は気持ち!』

 

ピリッと来る辛さがたまらんのです!

デザートは羊羹を。

ちなみにテーブルで私だけでした。

ちょっと理由がありまして……。

翌日、夕方からとはいえ仕事。

アルコールチェックで引っかかったらアウトなのです……。

なぜ、アルコールチェックが絡むのか。

もう一つのデザートはティラミスです。

ティラミスが嫌いということではないです。(むしろたくさん食いたい)

ティラミスは洋酒を普通は使います。

もう、お分かりですね!そういうことです!

(歯磨き粉やメロンパンの成分に反応して、検知されるぐらい精度のいいの機械だから仕方ないね!)

「やっぱ有給、夜勤分も使うべきだったかなー」←使わなくて正解だった

そして、最後になんと!!!

 

白露「私の妹が作ってくれたチョコをお渡しします!」

「ねぇ、飛龍」

飛龍「なんですか?」

「現実に帰りたくない」

飛龍「現実行きの切符」Suicaを差し出す

 

御一緒になった提督の皆様、そして、カレー機関の皆様!

ありがとうございました!!

 

上野駅

「楽しかった!!!」

飛龍「あっという間でしたね」

「それと疲れたからグリーンでね」

飛龍「まさか、特急とか言い出さないですよね?」

「列車がないから通勤快速高崎行きでな」

飛龍「なら良いですけど」

Suica用グリーン券販売機『やぁ!今日は平日!1000円だよ!』

「 」

飛龍「え?まさか……」

「忘れてた……。降りるときにチャージしないと足りない……」

 

飛龍「こぉーの!ダメ提督!!!」

 

「申し訳ない……」

 

 

こうして実家に戻りました。

※チョコは冷蔵庫で保管し、翌日、朝食のデザートで食べました。

ほのかな甘みとイチゴの甘味と香り、フレークの食感、(若干の思い出補正の酸味も)がおいしかったです。


次回予告

 

 

提督よ、長き歩みの果てが来た。

たとえ提督の想いが届かなくとも、心の中の想い出はいつまでも輝き続けるだろう。

左手の薬指の光はいつまでも輝き続けるだろう。

君と見上げたあの空のように―――。

今こそ決断を下すとき。

 

次回の更新は

 

『2/15、コンレイノギカッコカリ』

 

に停まります。

 

今回はこのあたりで!

ではでは!(予告の元ネタわかる人いるのかなぁ……。『停まります』にしたのがポイント)


コメント
コメントする