calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

categories

archives

おすすめ!

Twitter

少しお得に!

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

こずかい稼ぎはここ!

アンケートモニター登録

ゆうマニと峠の友

どーも!

ゴミ屋敷片付けで実家に頻繁に帰っていたまさまさです。

さて、この間の超下手なゆうマニです。

DSC_0425編.JPG

あいにくの曇天です。

DSC_0427編.JPG

リゾートエクスプレスゆうで使われていた電源車ですね。

しかもGマーク付き……!

(Gマーク……横軽対策車)

そして、この間の明け番で行ってきました!

DSC_0090編.JPG

峠の友よ

明日はいずこへ

 

数多くの列車を押し上げ、そして悠然と必ず高崎方で碓氷峠を通過する先導役をしたロクサンを見に碓氷峠鉄道文化むらへ!

もう一つ、目的がありまして、それがこちら!

旅客の峠の友!釜飯!

限定の青釜です!

それと、行ってきたついでに峠の湯の付近まで横軽の一部だけですが往復してきました。

実に22年ぶりの乗車。最後に乗ったのは廃止間際の平成9年(1997年)9月。

DSC_0160.JPG

▲上信越自動車道直下

DSC_0199編.JPG

▲霧積川橋梁

DSC_0175編.JPG

▲かつての横川方第一閉塞信号機

今にも「第一閉塞進行!次は横川!」の喚呼が聞こえてきそう

DSC_0214編.JPG

▲いかに急勾配かがわかる地点

ここをロクサンと多くの列車が行き交いました。

そんなロクサンたちは1997年に役目を北陸新幹線(当時は長野行き)に引き継ぎました。

ほとんどは解体されてしましましたが、横川と軽井沢で一部が保存されています。

体験運転用に一部は動態保存!

動くロクサンが見れるだけでもありがたや……。

DSC_0429.JPG

DSC_0430.JPG

DSC_0432.JPG

▲保存されているお座敷列車くつろぎ

1〜3号車で上毛三山の「赤城」「榛名」「妙義」がつけられていました。

4号車は「浅間」5号車は「秩父」6号車は「男体」だったそうです。

ちなみに同じシリーズで「やすらぎ」もいました。それぞれの号車に川の名前が付けられていたようです。

 

その「やすらぎ」の6号車なのですが

 

「碓氷」

 

なぜ、ここにこいつがいない!……ってわ鉄に譲渡されてましたね。その後は桐生市に保存されているらしいですが。

くつろぎの「妙義」もそうだが、由来の山や川がある土地なのに……。

いや、赤城、榛名があるだけでもうれしいですけど(別の意味も含めて)。

DSC_0026.JPG

▲EF63のマスコン 通常と異なるのが発電段があること

DSC_0069編.JPG

だいぶ見ててわかりますが老朽化が進行しています。

考えてみれば製造から50年以上経っているので致し方無いのですが……。

できることなら1500Vでのロクサンの汽笛とブロアー音が聞きたいです。

再び、ロクサンが碓氷峠を走る日を夢見て……。

ではでは!この辺で!


| 1/7PAGES | >>