calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

categories

archives

おすすめ!

Twitter

少しお得に!

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

こずかい稼ぎはここ!

アンケートモニター登録

文化へのテロ

この度の京都アニメーション放火殺人事件で亡くなられた方に心からお悔やみ申し上げます。

 

当直勤務の午前中最後の入換を終えて、昼休憩(といっても何か起きれば休憩なし)に入った時に一報を知りました。

職場のTVで「京都のアニメーション制作会社で火災」の一報でした。

「まさか、京アニじゃないよな?」と思いましたがまさかでした……。

高校時代に見ていた「けいおん!」を作った会社でこのような悲惨な事件……。

何と言葉にしたらよいか……。

今回の事件は文化へのテロでしょう。

ニュースで毎度、事件を見る度に大学で少しかじった刑事訴訟法(工学部なのに興味があって少し履修)の知識が役に立っているのですが、用語の意味が分かっていると今回の事件は複雑な気分に……。

不謹慎な言い方かもしれませんが、容疑者は意識不明の重体とのことですが、法廷で極刑を下すためにも医療関係者には頑張って生かしていただきたいものです(容疑者死亡だと刑事訴訟要件を満たさなくなるため)。

裁判で弁護人になる方もこれは大変でしょうね……。

おそらくは、心神喪失で無罪をぶつけてくるでしょうが。

まぁ……、世間からは非難を浴びるでしょうが。(これが刑事訴訟における弁護士の仕事だもんなぁ……)

 

それと購入から8年たった今も時を刻み続けている時計があります。

DSC_0254h.JPG

それがこの時計。

当時、高校生だった自分には高かった品物。

確か母親に無理やりお願いして買ってもらった記憶があります。(買ってもらった半年後ぐらいに家庭裁判所に行くんですけどね)

文字盤には制作会社の『Kyouto Animation』の文字。

荒れた家庭をみた、私の高校時代に癒しと希望をもらったアニメを作っていたのも京アニさんでした。

 

何かできることがあれば……。寄付は税制で絶対、面倒なことになるだろうし……。

って考えると、BDとかの購入が一番手っ取り早い協力になりそうですかね……。

 

何とも複雑な今日この頃です……

2019年(令和元年)7月20日 まさまさ


ゆうマニと峠の友

どーも!

ゴミ屋敷片付けで実家に頻繁に帰っていたまさまさです。

さて、この間の超下手なゆうマニです。

DSC_0425編.JPG

あいにくの曇天です。

DSC_0427編.JPG

リゾートエクスプレスゆうで使われていた電源車ですね。

しかもGマーク付き……!

(Gマーク……横軽対策車)

そして、この間の明け番で行ってきました!

DSC_0090編.JPG

峠の友よ

明日はいずこへ

 

数多くの列車を押し上げ、そして悠然と必ず高崎方で碓氷峠を通過する先導役をしたロクサンを見に碓氷峠鉄道文化むらへ!

もう一つ、目的がありまして、それがこちら!

旅客の峠の友!釜飯!

限定の青釜です!

それと、行ってきたついでに峠の湯の付近まで横軽の一部だけですが往復してきました。

実に22年ぶりの乗車。最後に乗ったのは廃止間際の平成9年(1997年)9月。

DSC_0160.JPG

▲上信越自動車道直下

DSC_0199編.JPG

▲霧積川橋梁

DSC_0175編.JPG

▲かつての横川方第一閉塞信号機

今にも「第一閉塞進行!次は横川!」の喚呼が聞こえてきそう

DSC_0214編.JPG

▲いかに急勾配かがわかる地点

ここをロクサンと多くの列車が行き交いました。

そんなロクサンたちは1997年に役目を北陸新幹線(当時は長野行き)に引き継ぎました。

ほとんどは解体されてしましましたが、横川と軽井沢で一部が保存されています。

体験運転用に一部は動態保存!

動くロクサンが見れるだけでもありがたや……。

DSC_0429.JPG

DSC_0430.JPG

DSC_0432.JPG

▲保存されているお座敷列車くつろぎ

1〜3号車で上毛三山の「赤城」「榛名」「妙義」がつけられていました。

4号車は「浅間」5号車は「秩父」6号車は「男体」だったそうです。

ちなみに同じシリーズで「やすらぎ」もいました。それぞれの号車に川の名前が付けられていたようです。

 

その「やすらぎ」の6号車なのですが

 

「碓氷」

 

なぜ、ここにこいつがいない!……ってわ鉄に譲渡されてましたね。その後は桐生市に保存されているらしいですが。

くつろぎの「妙義」もそうだが、由来の山や川がある土地なのに……。

いや、赤城、榛名があるだけでもうれしいですけど(別の意味も含めて)。

DSC_0026.JPG

▲EF63のマスコン 通常と異なるのが発電段があること

DSC_0069編.JPG

だいぶ見ててわかりますが老朽化が進行しています。

考えてみれば製造から50年以上経っているので致し方無いのですが……。

できることなら1500Vでのロクサンの汽笛とブロアー音が聞きたいです。

再び、ロクサンが碓氷峠を走る日を夢見て……。

ではでは!この辺で!


ケジメ

JUGEMテーマ:艦隊これくしょん -艦これ-

 

どーも!

ある程度、面倒な書類や手続きが落ち着いてきたまさまさです。

今日撮影した、超下手くそなマニはあとで上げるとして、タイトルについてです。

 

実は、そろそろケジメをつけなければいけない娘がうちの鎮守府にいるんですね。

しかし、まだ、できない自分なりの理由(というか縛り)があります。

 

最後の改装、終わってないんですよ。改装必要要件が不足していて。

 

 

てな訳で取り急ぎ、勲章が取れる海域に繰り出しているわけですが、練度、資材が足りていないことを改めて痛感しています。

今日もマニ撮ってからすぐに帰って、出撃しました。

おかげで資材がピンチ!(笑)

 

飛龍「ところでケジメって何ですか?」

「飛龍と蒼龍がうちの鎮守府ではしてることだな」

飛龍「あぁ、あのこと……って、どれだけ待たせてるんですか!?練度いっぱいになってからだいぶ経ちますよね!?」

「あはは……、改二改装の発表があったと同時ぐらいに必要要件満たしたからなぁ……」

飛龍「いやいや、だいぶ経ってません?それ、かなり可哀想ですよ!?」

「まぁ、とかくなるべく早めに改装するよ」

飛龍(本人、宿舎で最近そわそわしてたのはこのことか)

 

赤城「提督、第二改装お待ちしてます!」

「あぁ、早くできるようにするよ」

 

さて、本当に早く終わらせて、必要書類一式と『アレ』を渡さなきゃ……。

ではでは!

 

追伸:時が来たらまたお知らせします。

 


【総括】19春イベ報告書

発 秘書艦 飛龍

宛 当鎮守府指揮官 まさまさ少将

 

第四海軍区 舞鶴鎮守府所属 まさまさ少将秘書艦飛龍ヨリ本イベント海域ニオケル戦果ノ最終報告ヲ行ウ

 

1.人事

以下ノ艦娘ノ着任ヲ承認ス

早霜.png

早霜

のわっち.png

野分

春イベ3.jpg

鹿島

春イベ1.jpg

八丈

 

以上、四名

 

2.本イベントニオケル戦果ニツイテ

攻略終了ハ弐海域ナリ

第一海域

第二海域

 

以上

 

3.新装備ノ受取

 

2019春イベ2.png

烈風改

 

以上

 

4.現時点ニオケル改装待機指定艦娘

赤城改

 

尚、必要物資ガ揃イ次第、改装ヲ命ズ

 

5.イベント総括

本イベントニ於イテ戦力不足ガ著シク現レタ種別ハ重巡、駆逐、軽巡デアル。今後、コレラノ層ヲ早急ニ育成ヲ進メルベシ。

又、補給艦ノ育成モ早急ナル課題ナリ。

装備面ニ於イテハ、電探ノ開発ヲ優先スベキモノト認メラレル。

物資ニ於イテハ、石油、ボーキサイトノ不足ガ極メテ深刻、大イナル課題デアル。

又、高速修復剤ノ不足モ深刻デアルカラ次回イベントニ向ケテ貯蓄ヲ開始スベシ。

基地航空隊ノ通常海域、早期常設ニモ尽力スベシ。

 

以上、秘書艦トシテ意見具申ス。

 

令和元年六月弐拾五日
秘書艦 飛龍

 

飛龍「というわけで報告書です」

「はいはい、意見具申欄は耳の痛いお話……」

飛龍「カタパルト手に入れたんですから、早く赤城さんが改装できるように物資を手に入れてください」

「はいよ、改装設計図を早く揃えられるよう尽力します」

「ところでだな飛龍」

飛龍「はい」

「鉄道むすめ等身大パネルを売ってる会社があるらしいんだが買ってもいいか?」

飛龍「おいくらで?」

「4万らしい」

飛龍「えー、瑞鶴さんとともに爆撃してあげますがそれでよければ」

「すんませんでした」

 

どーも!まさまさです!

忙しさがひと段落したころから出撃しだしましたが、以上のような戦果でした。

官報に原稿も入稿して掲載を確認できたので、とりあえず一安心です。

ま、ここからみなし譲渡所得税の税金の計算が厄介なのですが……。

ちなみにこの記事が100回目の更新なのですが、特に何も思い浮かばずじまいです。

それでは、今日はこの辺で!


人生2度目の家庭裁判所

どーも!久々の更新です!

絶賛修羅場中のまさまさです!

とりあえず、ある程度区切りはつきました。弁護士考えましたけど自分でできそうなので、自分で手続きを行いました。

ま、

 

民生委員と祖父による財産隠しがあった事実が判明しましたが。

 

(こっちの方が今、問題視してるところです。)

 

ということでこの間、5/29にもとの実家の家庭裁判所に『限定承認の申し立て』の手続きをしてきました。

色々集めた証拠と、財産の処分(プラス分)を行っていない旨の説明もしまして、審理が始まりました。

普通の事件で言えば裁判が始まったことになります。

ちなみに2度目の家庭裁判所だったりします。(1度目は親の離婚調停における親権の承認書類の記入で学校終わりに突然、連れてこられる。)

意外と早く1度目の書類が6/2に来ました。

(多分、6/1にはポストに入っていたんじゃないのかなぁ……。仕事で24時間、家を空けていたからわからんが。)

限定承認審判2.jpg

(封筒の開け方雑ですんません)

ここ最近、裁判所を語る封筒の詐欺があるようですが私の知る限りの裁判所からの封筒は

 

・茶封筒

・部署は封筒には書いてない←何の裁判か宛名人以外にわからないようにするための配慮?

・○○地方裁判所(案件次第では家庭や簡易裁判所になることも)○○支部←本庁なら支部は記載されないはず

・裁判所の所在地の地図が載っている

 

が特徴ですね。(訴訟や事件、調停書の送付で使われているものに限る)

裁判員だと色が違ったりするようですが……。

今回は限定承認の申し立てでしたので、

このようなものが。

 

照会書兼回答書

 

一番、手続きで重要なやつですね。これ。

あらためて自分の意思で行った手続きなのか、財産は換金や隠したりしていないか、いつ、被相続人(死んだ人のこと。今回で言えば父親。)が死亡したのかをどのようにして知ったのか、誰から聞いたのかなどを確認される書類です。

最初の方で裁判が始まったと書きましたが、その根拠が書類の左上。

 

事件番号

 

調停でも割り振りあるんだけ?なんか記号が意味を成してた気がする。

今回は(家)だから家事審判(簡単に言うと離婚や相続など家庭内の揉め事を裁く)になるようです。

明け番の中、速攻で書いてポストイン!

こんな余分なことがなけりゃ、もっと、艦これに集中できるんだけどなぁ……、千秋楽行けたんだけどなぁ……と思いつつ近所の郵便局に行ってきました。

(地域の配送基幹局が近いので、そこのポストに入れました。収集回数多いみたいですし。)

そんなこんなのここ最近です。終わったらイ

飛龍「てーとく!」ニッコリ

「はい。なんでしょう?」

飛龍「戦力不足に気づいて、難易度乙から丙に落としたらしいじゃないですか」ニッコリ

「ウン?ナンノコトカナ?」ギクッ!

飛龍「私、言いましたよね?駆逐艦の育成を早急に急ぐべきだと!」(#^ω^)

「あ、用事思い出した!じゃ!」ダッシュ!

飛龍「待ちなさーい!友永隊発艦!目標、逃げる提督!」(# ゚Д゚)

 

蒼龍「やれやれですね。みなさんも適度な難易度、適切な育成で挑みましょう

由良「日々の育成は大事ですね?ね?」

 

「飛龍!悪かった!悪かったからぁー!友永隊で爆撃はやめてくれぇー!」

飛龍「コラー!逃げないで正座!」

 

蒼龍「まぁ、あれです。リアルイベも楽しいですからね。『リアルイベは行けるときに行っとくのが一番』って提督も言ってましたし」

由良「そうですね。それと今回の準備不足に対する処刑は、アプトの道、往復の刑ですかね?ね?」

「えっ!横川から熊ノ平まで!?往復!?」シバリアゲ

由良「あ、聞こえてましたか。ちょうど時期も良いですし、いい運動ですので」

飛龍・蒼龍・由良・赤城「行ってらっしゃい!アプトの道往復の旅!」

「66.7‰は勘弁してくれ……」

というわけで、イベ終わり後の刑も宣告されたところで今日はこの辺で!

ではでは!


| 1/21PAGES | >>