calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

categories

archives

おすすめ!

Twitter

少しお得に!

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

こずかい稼ぎはここ!

アンケートモニター登録

切符を買ってほしい そこへ行くなら

どーも!まさまさです。

 

はい、切符で行きましょうね。

 

御殿場線に行くなら!

 

……なにを突然言い出したのかと言いますと

アルバイトのしてた場所柄、御殿場線が近かったので結構、こんなことがありました。

 

客「改札、通れないんだけど」

「どちらから乗りました?」←係員の機械にはJR東海の表示(駅名が見れない)

客「御殿場から」

「あー、そっからだとIC使えないです

 

……こんなやり取りとか、

「真向いの東海さんに行って処理、受けてください

とか紙(正確には処理連絡票)を持ってくるので使えるようにする処理とか、しょっちゅうやってましたね(特に土休日!

でまぁ、学生バイトをしてた当時の会社は、皆さんご存知の御殿場直通特急を運転していましたので、改札を介した乗り換えが無く、行けたんですよね。

当時は御殿場線がIC使用不可でしたので使えない案内でした。

今見たらICには対応しているようですが、やはりエリア跨ぎはできない案内がされているようです。

今の会社ではレアケースながらもたまにあるんですよね……。

ただ、『近鉄』とか『JR西』、『JR九州』など表示エリアの規模がだいぶ違いますが(笑)

もし、ICで行くとどうなるのかもお伝えしますが、

 

係員の居る改札で現金による清算をするので時間がかかります。

※清算には長距離になればなるほど時間がかかるのであらかじめ切符を買って行きましょうねぇー!

 

 

で、その後、係員が紙を渡してくる場合があるので、その紙を乗ったエリア内の係員の居る改札に持っていき、カードが使えるように処理をします。

……なので、係員もめんどくさいし、客も待ち時間が出るし、めんどくさいことをしないといけないと良いことが全くないので、

 

切符を買いましょう

 

ということで、今回はここまで。

富士スピードウェイイベに行かれる方は楽しんでいってくださいね!

 

鉄道利用なら切符を買って!

※新松田・松田の改札を介した乗り換えならIC使えます。新松田の乗り換えは北口です。

 


上高地 信濃の国で過ごした最後の日

DSC_0698-1.JPG

 

お久しぶりです!

まさまさです!

 

さて、新しい仕事を覚えるのがひと段落してきたところで、信濃の国で過ごした、最後の日に出かけた場所を記しておきます。

2020.7.30

翌日には、退職の手続きと最後の荷物輸送があるので、この日が最後に長野で過ごす日になりました。

 

最後の日、どこに行きたいかを考え、行きたいところで行けていなかった上高地に行った次第です。

DSC_0646-1.JPG

▲上高地への入口

駐車場からさわんどバス停へ向かい、バス停からシャトルバスに乗り換えて向かいました(マイカー規制のため自家用車乗り入れ禁止)。

DSC_0648-1.JPG

 

道中の大正池は池の中から噴火によって朽ちた木々があり、ここが焼岳の噴火により創られた場所であることを教えてくれます。

途中には格式高き帝国ホテルがあり、ここが避暑地であることを実感させられます。

 

DSC_0650-1.JPG

さて、上高地バスターミナルから少し歩き、やってきましたのは河童橋。

「うーん、このあたりかな」

飛龍「提督、何やってるんです?」

「いやー、某ギャルゲーと同じ絵の場所を探しているんだけどさ……」

地図を見ると奥にも橋があることに気づいたので奥まで……

ついでに穂高神社の奥社に参拝することに。

DSC_0669-1.JPG

緑豊かな自然

 

DSC_0692-1.JPG

道中にはこんなにきれいな湧き水でできた、池が。

飛龍「いやー、透明ですねー」

「本当に透き通っている」

飛龍「さすが、大きな山々を抱えて水が豊かな長野県」

 

DSC_0689-1.JPG

さて、連日の長雨の影響か少し流れが激しいように感じました。

この少し後に無事、梅雨明けが発表されましたね。

DSC_0685-1.JPG

奥社に向かう道中の橋。

「うーん、ここじゃないから河童橋で正解なのか……」

飛龍「少し、景色が違いましたね」

 

そんなこんなで、明神池

DSC_0676-1.JPG

DSC_0670-1.JPG

明神岳の山頂は、残念ながら雲に……

まぁ、行く直前まで天気の心配してましたから……

ここまで天気が持っているのがある意味、奇跡ですね(笑)

飛龍「この人は本当にいろいろなところで詰めが甘い」

「さーせん」

飛龍「まー、御神籤引きますか」

「そうだなー」

ガサゴソガサゴソ……

「!」

飛龍「!!!大 吉だと……!!!」

「なにが書いてあるんだ」

飛龍「内容大事ですね。」

「なになに……」

『新たな舞台へ大きく飛躍

人生に大逆転あり。

これまでの努力が実り

いっきに運気があがるとき。

新しいことへの挑戦も

今ならうまくいく。

全てに自信をもって臨め。』

 

飛龍「何とまぁ!今の提督を後押しする言葉」

「まぁ、なるようになる。今まで、それで何とかなってきた」

飛龍「さすが修羅場を見てきた方は違う!」

「おかげでいい人生経験になったと思うことにしたよ」

 

DSC_0694.JPG

「河童橋の風景はきれいでいいねぇ」

飛龍「山の地域から今度は海の地域ですね」

「だなぁー」

さて、帰りのバスが迫っているので、急いで上高地バス停へ

DSC_0696-1.JPG

「きーしべーにたちてうたーい♪」

飛龍「かーわもーにかすみたつ♪」

飛龍「ってカチューシャの日本語版ですか」

「ま、たまたまとはいえ、きれいだな」

飛龍「幻想的な光景ですよね」

 

で、トコトコと歩いていると

「あ!ここだここ!!!」

DSC_0698-1.JPG

「このカーブした感じ、この木の感じと川の位置!」

飛龍「見つけましたか!」

「ここだ!お嬢様特急の上高地の場所!」

並べてみるとよくわかりますが、本当に細かいとこまで描けてますよね……。

 

そんなこんなで無事に長野県内の巡礼がこれにて終了!

「住んでいるうちに全部回れた!」

飛龍「onめでとうございます!」

「んー、それにしても、みらいちゃんと那珂ちゃんの組み合わせを見てみたい気も」

飛龍「あー、どちらも『アイドル』ですねぇ……」

みらいちゃんと那珂ちゃん。

路線の方向は違えどアイドル。

その二人が交わるとき……、新たな舞台が幕を開ける!!

……的な?

1本書けそうですね……。

飛龍「言いだしっぺ!」

「暇ができたらね」

飛龍「仕事はどうです?」

「だいぶラッチ(※改札)の感覚は戻ってきた気がする。けど、4年の歳月で取扱いが変わっていることが多々あるし、何よりも社局が違うから慣れるのが大変」

飛龍「まぁ、4年ぶりですからね……」

「社局で、用語と取扱いが若干異なるから、覚えるのが大変なんだよな……」

飛龍「順調そうでとりあえずは何よりです」

 

飛龍「で、運用とイベントは?」

 

「あ、リアルイベント無理っす。有給2日だけしかないんで」

飛龍「しょうがないですね。新入社員のさだめ……」

飛龍「ですが、艦隊運営はできるでしょう」

「さーせん」

飛龍「そこに正座!」

「すいませんでした」

 

……はい、そんなこんなで、とりあえずは非番・公休でリアルイベントは行くしかないですね。

まぁ、遅くても1年後ですかね。

そうすれば、そこそこにもらえるはずですね。

1出番取れば、5連休とかできますし、そこがこの交代制のいいところですかね。

さ、そろそろ更新ペースを上げていきますかね!

今住んでいる街も、いろいろありそうですしね!

ではでは!

飛龍「艦隊運営も忘れずに!」

「はーい」


軍港の街

 

お久しぶりです!まさまさです!

イベント海域には全く手を付けられないほどの忙しい引っ越しが、今日の車庫届出で終わりました。

ということで、引っ越しました!&平社員から研修生に降格しました(笑)

引っ越しが落ち着いてきたので、企画乗車券の勉強を兼ねて市内を少しだけ見てきました。

今回は『よこすか軍港めぐり』に乗船です!

DSC_0879.JPG

新たに住み始めた横須賀市。

言わずといれた軍港です。

なぜ、横須賀にしたのか。

・家賃が安い&船が見れる

・職場の沿線であるから

そんな理由です。

DSC_0730.JPG

転入届を出した当日に南極観測船「しらせ」が停泊していた岸壁には、「むらさめ」が慌ただしく何かの準備をしていました。

どうやら、もうじき中東情勢の情報取集任務に就くようです。

DSC_0011.JPG

任務終了後に無事な姿で横須賀に帰投してくれることを祈ります。

背後に見える有料道路から転入初日に「しらせ」を見た時には、少しテンションが上がりましたね。

それと同時に本当に引っ越してきたんだという実感がわきました。

DSC_0879.JPG

DSC_0885.JPG

新造された、「まや」もこの日は停泊中でした。

なんと潜水艦に補給中の様子も!

解説の方曰くめったに見れないそうです。

これから出航する潜水艦も。

 

 

んで、見たかった「しらせ」

 

浦賀水道から三浦半島沖を航行中でした!残念!

 

 

飛龍「正座」

「へい」

飛龍「イベント海域の戦果は?」

「E1、第一ゲージ潰しただけですハイ」

飛龍「まぁ、今回はしょうがないですね。」

(ホッ)

飛龍「でも、どうしてですかねー」

 

飛龍「加賀さんLV.98なのに改二に改装できないの(#^ω^)」

 

「すいません、改装設計図が足りてません……」

飛龍「さっさと集めなさい!まったくもう!ダメ人間なのは変わらずですね!」

「はい……!」

ということで、部屋の片づけをしつつ、改装計画を進めます。

あ、長野県在住中の最後の観光、上高地は今度、上げますね!

 

飛龍「まだ、上高地観光も上げてなかったんかーい!」

「さーせん」

飛龍「早くしないとめっ!ですよ!」

ではでは!


サブタイトル変更 さようなら信濃の国

どーも!

まさまさです!

さて、すっかり忘れていましたがサブタイトルの変更を先ほど(2020/7/25 19:25付)で変更しました!

と言いましても、わずかな変更ですが……。(信州→軍港の街)

住民票自体はすでに転出届を出しましたので、これで転入届をすれば、サブタイトルと相違がなくなります。

さ、残りの片づけ頑張ります!

 

そして、今日が信州から最後の更新になります。

明日付でネットが移転するためです。

次は回線工事の都合で8/2以降になると思います。

 

さよなら信濃の国

 

長野県県歌「信濃の国」

『1.信濃の国は十州に 境連ぬる国にして 聲ゆる山はいや高く 流るる川はいや遠し
  松本伊那佐久善光寺 四つの平は肥沃の地 海こそなけれ物さわに 万ず足らわぬ事ぞなき
2.四方に聳ゆる山々は 御嶽乗鞍駒ヶ岳 浅聞は殊に活火山 いずれも国の鎮めなり
  流れ淀まずゆく水は 北に犀川千曲川 南に木曽川天竜川 これまた国の固めなり
3.木曽の谷には真木茂り 諏訪の湖には魚多し 民のかせぎも豊かにて 五穀の実らぬ里やある
  しかのみならず桑とりて 蚕飼いの業の打ちひらけ 細きよすがも軽からぬ 国の命を繋ぐなり
4.尋ねまほしき園原や 旅のやどりの寝覚の床 木曽の桟かけし世も 心してゆけ久米路橋
  くる人多き筑摩の湯 月の名にたつ嬢捨山 しるき名所と風雅士が 詩歌に詠てぞ伝えたる
5.旭将軍義仲も 仁科の五郎信盛も 春台太宰先生も 象山佐久間先生も 皆此国の人にして
  文武の誉たぐいなく 山と聳えて世に仰ぎ 川と流れて名は尽ず
6.吾妻はやとし日本武 嘆き給いし碓氷山 穿つ隆道二十六 夢にもこゆる汽車の道
  みち一筋に学びなば 昔の人にや劣るべき 古来山河の秀でたる 国は偉人のある習い​』

県歌「信濃の国」、4番だけ曲調変わるんですね。長野来てから知りました。

かねきのオムライス、量があっておいしかったなぁ。

北信五岳、「飯縄、戸隠、黒姫、妙高、斑尾」

会社の同期に教えてもらいました。

ちなみに群馬は似たような、『上毛三山』(赤城、榛名、妙義)があります。

思い出は数多く……。

 

また縁があれば住むことになるかも(今度の会社は飯綱町にゴルフ場をグループで持っている)ですが、大学卒業後、4年間過ごした長野県を去ります。

色々と思い出はありますがその記録は、ブログで記載してある事もありますので、改めては振り返りません。

今度来るときは、残りの手続きとスキー・観光ですね!

長野県、4年間、お世話になりました!

ではでは!このあたりで!


お世話になりました

どーも!書類関係と引っ越し準備で大忙しのまさまさです!

忙しくて、艦これイベント海域は未だに進んでいない状態です……。

 

さて、私が新卒で入社してから4年。

信州を去ることになりました。

4年間でお世話になった車両たちをご紹介します!

115keik.JPG

入社後、初めて仕事に携わった115系。

通勤時にも使わさせていただきました。

 

DSC_0007.JPG

車両整備の基本をこの形式に教えてもらいました。

内装が豪勢な編成や狭いところにも頑張って体を入れた思い出もあるなぁ……。

 

 

続いては……

8500keik.JPG

8500系!前の部署でも今の部署でも仕事で絡んでいた車両!

今の部署では構内入換で一番乗った車両かもしれません。

 

 

次!

3500keik.JPG

マッコウクジラこと3500系・3600系!

退役した編成もいました。

DSC_0773c.JPG

DSC_0777c.JPG

ノッチの進段やブレーキに癖がある形式でしたね。

(古い形式のためノッチを投入してもすぐに反応が来ない&ブレーキが利くまでに時間差がある)

この形式と後述する新型車両でとても貴重な経験をさせていただきました。

残存編成が少ないのと置き換えが決定しているようですので、撮影や記録はお早めに!

 

お次です!

1000keik.JPG

1000系!

学生時代のバイト先から信濃路へやってきた車両。

運転台が新鮮でした。

眺めは良かったです(笑)

 

 

続いては……

2100keik.JPG

2100系

元JR特急車!

DSC_0760.JPG

 

 

DSC_0509改.JPG

構内入換の速度だとブレーキが効きが良く、停止位置が難しかったです。

今度はこの車両が製造された工場の方面に引っ越すんですね!

 

 

最後は……

3000keik.JPG

新型形式3000系!

色々と未知の部分が多い車両でした。(というかまだ分からないことがいろいろ……)

3500系に連結させて、作業を行ったこともありました。

あの時は緊張しましたよ。

構内入換でも推進運転なんて、めったにやらない作業ですからね。

しかも、届きたて!車輪とか傷つけないようにしないといけないですから慎重にやった記憶があります。

そして、初めて運転した時に加速とブレーキがすごく良くてびっくりしました。

加速力はノッチを入れるとポンと速度が出ましたし、ブレーキは構内入換の速度で回生ブレーキが効きましたし、いろいろと驚きがあった車両です。

 

……と、まぁ4年間でしたがいろいろな経験をさせてもらいました。

この経験が乗務員になれば少しは活かせると思いたいです。

仕事内容はそれなりに楽しかったですね。

まぁ、やりたいことをさせてくれる会社があったので転職に踏み切ったわけですので、仕事内容や働き方にはそこまでは不満はなかったですね。もっとも、不規則勤務に嫌気がさしていれば、他業界に転職しようと思いますけどね。

もう少し、理由を知りたい人は以下を反転させてみてね

 

以上、表面上の理由

以下辞めた本音

転職を決断したのは入社1年目で点検ハンマーでヘルメット越しに叩かれたことですかね。とかく1年目の上司がキツかった。

……仕事道具で人を叩くのはいかがなものかと。

その後、現部署に異動して、有給休暇を交代要員が見つかっていないのに強引に取る人が居たのも転職しようという思いを強くした要因の1つですね。

そんな中、探していたら新卒の時に探していた、乗務員前提の採用を見つけて今に至る……ですね!

あと給与。中小私鉄だからしょうがないんだろうけど、安い。残業しないと生活できない。

いいかい、新卒のページの先輩社員の声的なものは、校正が入ってる&だいたい、良いコトしか書いてないから当てにならんからな(原稿書いた経験あり)。職場見学をさせてくれる会社は見た方がいいぞ!

反転終わり

 

「いやー、短い休暇に突入したよ。あぁ、はいこれ」

飛龍「あぁ、1番くじね……って何です?この大きな箱」

「いやー1番くじでA賞、当てちゃいました!」ブイ!

飛龍「適当に1番くじを引いたら、引っ越しするのに余計な荷物を増やしてきたと」

「てへぺろ☆」

飛龍「部屋片付いてないのに何言ってんだ!このダメ人間!」

「さーせん」

時雨「僕はうれしいなぁ」

飛龍「時雨ちゃん、提督を甘やかしたらめっ!ですよ!」

「26日までに片さないとなぁ……部屋……」

飛龍「片付くんですかねぇ……」

「片付けるんさー」

飛龍「あー、片付かなかったら、久里浜海釣りの刑(食料釣れるまで)で」

「さすがに片付けますよ。業者、絡んでくるし」

 

さてそんなこんなで短いお仕事の休息期間に入りました。

まぁ、また1か月も過ぎれば不規則な勤務に戻ることでしょう。

今度こそ!目指せ!動力車操縦免許!

ではでは!今回はこの辺で!


| 1/27PAGES | >>